生後8か月でおすわりできない⁈

現在生後8か月半の次男
 
まだおすわりできません。笑
 
 
 
というか…言い直すとおすわりさせてません
 
 
 
以前、おすわりに関して書いたのですが
参照「寝返り、ズリバイをさせたかったら、ご褒美はお預け
 
 
おすわりは…
親がさせるもの
自分でするもの

 
 
だと私は思っているんですよ。
 
 
だって、放っておいたって座れるのが人間に備わっている機能だから。
 
 
座る為に必要な筋力がついたら、自分から座れるんだもん。
長男も、その時期を教えてくれました。
 
 
 
私はベビーカーも腰が据わるまでは寝かせて使っていたんですが…
ある日長男はむっくり体を起こしたんですよ。笑
 
 
さすがに、外をベビーカーで散歩をしていて
ずっと上を向いたままではつまらなくなったんでしょうね。笑
 
それが、長男の「ボク、もう座れるよ」の合図でした。
 
 
 
だから、こういう状態は実は、まだ「腰が据わってない」という状態。

 
 
こうやって、腰が据わる前にお座りをさせると…
 
 
腰への負担がめちゃくちゃかかります
簡単に想像できますよね?だって、赤ちゃんの頭はカラダに対してとっても大きいから。

こういう小さなことで、腰のカーブがない子ども、今とっても増えています。
 
 
 
だから私は、次男からの合図があるまでは
座らせません。
 

 

一人目のお子さんだったりして
周りはみんなお座りしているのに、うちの子まだ…とか
 
誰かに「まだお座りできないの?」って言われて落ち込むかもしれませんが…

そんな時は笑顔で
 
「私がまだ座らせてないんです。(笑顔でニコッ♡)」
って言っておきます。笑
 
 
 

0歳児の成長のスピードは、本当に個人差が大きいです。
長男と次男も、2週間違いで生まれているのでよく思い出しますが…

 
色々1~1.5か月くらい遅めの次男です。
 
 
カラダも一回り小さいし
歯が生え始めるのも、寝返りをするのも、ズリバイを始めるのも。
 
 
でも、それが次男の個性。
ぜ~んぜん気にしません♡
 

むしろ0歳児の成長は「早いことがすごい!」みたいな雰囲気ありますが…
早さより確実性のほうがずっとずっと大切だと思ってます。
 
 
確実に成長過程を通ること
確実に一つできるようになってから次をすること
 
 
イメージは動物の赤ちゃん。
動物のお母さんは、赤ちゃんを座らせたり便利グッズに乗せたりしませんから。
赤ちゃんが自分でできるようになるのを「手伝ってあげる」ことと
次のステップのやり方を「教えてあげる」こと。
 
 
 
子育ては周りと比べがちだけど
気にしない気にしない♪

 
 
 
そんな産後8か月の現役整体師が挑戦!
本気で向き合うダイエット公開中♪
 

LINE@にて、公開ダイエットしています♪


これまでのダイエットとは一風変わったダイエットです。

※ダイエットの詳細はコチラ

☑これまでダイエットに何度も挫折した方。
 
☑ダイエットしたいしたいと思いつつ、なかなかできていない方。
 
☑何か継続させることができない方。
 
☑私のダイエットビフォーアフターでヤル気を上げたい方
 
☑新しい観点でのダイエットのお役立ち情報がGETしたい方

 
是非ご登録いただけると嬉しいです♡
 
※LINE@は通常のLINEグループのようにメンバー同士がメンバーの情報を知り得ることがありません
また、私からの配信のみで、私にも登録して頂いた方がどなたかは分かりません
ですから、【恥ずかしいわ】という方も、安心してご登録頂けます。

友だち追加

LINE@ID ▶ @zka1626m  ←@をお忘れなく!

 
 

 
 
 

関連記事

  1. アトピーとアレルギーから見る離乳食の考え方

  2. 赤ちゃんの頭の重さはどれくらい?

  3. アトピーが先か、アレルギーが先か

  4. 赤ちゃんも屍のポーズ(yoga)で♪

  5. 生後6か月を目前に、ついにやりました!

  6. 向き癖がもたらす影響は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。