予防接種って何者なのか?

こんにちは!
安城市の整体サロン Relief(リリーフ)の森です。

前回の『予防接種の考え方』の続きです。

予防接種って、そもそもなんなの?って疑問を持ったことありますか?
レベル1だった私は、「なんかマズイ病気になるのを防いでくれるんでしょ?」程度にしか知りませんでした。

そもそも、予防接種の書類を見てなんとなく「違和感」を感じたことはありませんか?
なんか細かい文章で予防接種について書かれた難しそうな書類が入っていたり。
(はい、読むのが面倒で読んでいませんでした。。(;’∀’)

親のサインを書く欄があったり。
(はい、何も考えずにサインしていました(;’∀’)

なんか、重々しい雰囲気だなぁって感じた人、正常です。笑
でも、多分私のように深く考えずになんとなくサインをしてしまった人もそこそこ多いはず。笑

そんな方に、まずは「サインをする責任」についてお伝えします。

あのサイン、簡単に言うとなんなの?というと…
「この注射を打って、何かあっても納得した上で打たせます」という承諾のサイン。

では、「何かあっても」って、何よ?と思った方の為に簡単に説明します。

まずそもそも、予防接種は【劇薬】に指定されています。

劇薬とは?
毒薬に次いで生体に対する作用が強く、過量に使用すると極めて危険性が高い医薬品。
一般的には、微量で致死量となるもの、中毒作用のあるもの、蓄積作用が強いもの、薬理作用が激しいものなどをさし、保存に厳重な注意が望まれ、薬事法で規制されてる。

つまり、強烈な薬だってことはなんとなく分かっていただけたかと思います。

で、どんなものが入った薬なのか?
これについては、製薬会社のHPなんかで読むことができるんですが…
(念のため日本脳炎ワクチンの添付文書を貼っておきました)

まぁ、活字の苦手な人には読む気が失せるほど難しそうなのでザックリ紹介すると…

主成分はおおまかにサルの腎臓だったり、豚や牛の血清などの動物由来のものだったり
衝撃的だったのが何らかの理由で生まれることの出来なかった人間の子どものカラダだったり。

問題なのは、その薬品の添加物。
抗原物質や保存剤、殺菌剤、抗菌剤、安定剤、防腐剤、成長促進剤、着色料など…まぁ当たり前ですが入っています。

ではもっと詳しく。。

その添加物が実は「自閉症や発達障害を引き起こす物質」とされているものがたくさん入っているわけですね。
この、自閉症や発達障害とワクチンの関係についても色々議論はされていますが…
こんなページも参考になると思います。

自閉症・発達障害 障がい児のための窓口 TK-SERVICE

私も専門家ではないので、自閉症や発達障害=ワクチンかどうかは本当のところは分かりませんが、私たちの世代に比べて現代の子どもでは自閉症や発達障害が増えていることも事実。そして、こうして予防接種が今のようなスタイルになったのもここ数年のこと。
この関係性に疑問を持つことも一つの考え方かな?と思うわけです。

とまぁ、なんとなく「何者なのか?」について興味を持ってもらえたら嬉しいです。

では次回は「副反応」について書きたいと思います。

関連記事

  1. 実は色々選べる予防接種

  2. 予防接種について、最低限調べて考えて欲しいポイント

  3. 予防接種の考え方

  4. 予防接種の副反応について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。