施術者の想い

整体というと「どこか痛いところがある時に行くところ」というイメージ、ありませんか?
痛い所が辛くなって、初めて「どこか良い整体ないかな?」と探しませんか?

そんなイメージを、変えたいんです。

「痛み」というのは、ある日突然痛くなるというイメージがあるかもしれませんが
交通事故や生まれつきの骨格など以外の場合「カラダの歪み」が原因で生じることがほとんどです。
(カラダが歪む原因には、食事や運動、睡眠などの生活習慣が大きく関わっていますが)

その「痛み」が出てくる前に、実はカラダが様々な形でSOSを発信しているはずなんです。

例えば、ちょっと頭痛がする、足が疲れやすい、疲れが取れない、眠りが浅い気がする…
これらは見逃されがちですが、実はちょっとした歪みを整えるだけで改善することがほとんどなんです。

この「ちょっとした不調によるSOS」に気づいてあげて、「痛む前にケア」してあげて
「定期的にメンテナンス」をしてあげることで、痛みが出てくる前に改善できるんです。

そして、痛みが出てきたものを改善するよりも、ずっとずっと早く改善できるのです。

言い換えれば、車の車検と同じですね。
車は法律で車検を受けることが義務付けられています。
定期的に点検してもらい、劣化した部品を交換したりすることで、長く安全に乗ることができますよね。

ですが、現在の日本は「予防」に関して後進国と言われています。
自分のカラダに向き合わず、SOSにも気づかず、多少の痛みは放っておく…

その結果、手術が必要になることまでありますね。

手術となると、それこそメンテナンスよりも改善に時間もお金も要します。
また、「痛くなったら病院へ」「痛くなったらお薬を」そんなイメージがまだまだ根強い日本ですが、それは痛みを緩和するための「対処療法」でしかありません。

そうなる前に、もっと気軽に通える整体サロンを目指しています。
ですから、私は初診で「どこが痛いですか?」なんてことは聞きません。
痛いところがない方も、気軽にお越しください。